通信制高校での進学に対する不安

最初は高校から大学への進学は考えていませんでしたが、
高校へ通い始めてから大学への進学を希望するようになりました。
一番不安だったことは、スクーリングはあるものの独学での学習がほとんどなので、
自分の実力がいったいどのくらいのレベルなのかすぐに判断できなかったことです。

通信制高校でも試験はあるのですが、進学を希望する人の人数もそれほど多くない為 進学希望の私にとっては、なかなか指標を定めることができず不安でした。
解決策は、自分で予備校などの全国模試を利用し定期的に自分の力を判断することでした。

予備校に通学する為のお金は、家の家計が厳しかったので無理でしたが模試を受けるくらいのお金ならそれほど高価ではないので、2月に一度位は定期的に受けることができました。

受験のシーズンが近づくと模試の頻度も多くして、自分の実力を確認しました。
就職希望ではなかったので実際に、通信制高校での就職活動については体験していませんが、
他の普通科の高校は、どうなのかわかりませんが 私が見ていても、就職担当の先生が一生懸命、活動している様子がわかり、
また、この高校を卒業した先輩からの採用もかなりあった為、全員就職することができたようです。

<PREV NEXT >
Copyright(C)2013 通信制高校の体験記 All Rights Reserved.